ピックアップ

4M変更による製品品質の管理

4M変更による製品品質の管理

4M変更とは、製品品質を適切に管理する目的で、製造に関連する変更点を明確に洗いだして、把握する手法のひとつを表しています。

4M変更の4MとはMを頭文字とした4つの単語を意味しています。Man、Machine、Method、Materialの4つの単語です。人、機械、方法、材料ですが、現場で製造に関わるスタッフ、製品の製造に使用される機械、製品を製造する方法、製品に使用される材料が4M
です。

それぞれの要素で生じるひとつひとつの変更を適切に管理することで、製品が不具合を起こすことを予防し、万が一不具合が生じてもすぐに原因を究明できるようにするということです。これが4M変更管理の目的です。この目的が達成されることで製品品質の管理は適切におこなわれることになります。4Mの各要素の変更を明確に把握することは製品品質管理の要です。