投稿

欧州でのチップ製造の現状

チップ製造はアジア中心でおこなわれており、主に台湾、中国、韓国で作られたものが世界中のさまざまな電子部品に使われています。アジアの製造に依存している状態が長年にわたり続いていました。しかし、近年のチップ不足により危機感を感じた欧州の製造業者がアジアに依存したままではチップ不足の問題を解消できないと立ち上がろうとしています。

インテルによる欧州投資が検討されています。欧州に製造工場を創設して、アジアへの依存を軽減しようとしています。

欧州は深刻な半導体不足に対処するため、チップ製造市場における欧州の地位を高めることを目的として、欧州チップ法を制定しました。これまで民間投資に頼ってきましたが、政策主導型投資を進めていく予定であり、これによって生産の強化、拡大が可能になりアジアへの依存解消へと動いています。